マナ・カード フォーチュン・カウンセラーの保水姫です。体だけでなく、心にも、美味しいお水をあげましょう♪


by Hosui_hime

マスターコースへの道。~前日~

読んで頂いている方には、
「いったい何時マスターコース本編が始まるわけ???」と、
イライラされている方もいらっしゃると思います。
ですが!
今日もしつこく本編ではなく、至る道のお話をさせて頂きます。(えへ。)

今は、大体6時間くらいで成田からハワイについてしまうので、
飛行機の席に座ってからすぐ寝ても、あんまり寝る時間はありません。
しかも、わたくし不眠症なのです。
なので、ハワイに行くたびに、激しい時差ぼけに悩まされるわたくし。

今回は、大切なマスターコースに参加するのに、
時差ぼけなんかで大切な1日目を無駄にできないわ!
と、いうことで、1週間ほど前からハワイ入りしました。
(そのハワイ旅行は、別途記載することにしますので、今は割愛。)

今回のマスターコースに関して、
A先生とT先生には、「マスターコースは、マナカードを学ぶというよりは、
自分と向き合うセミナーになります。」と言われておりました。
それを聞いて、私は、いつも自分が抱えているジレンマを思い出しました。

ハワイアンの人と話す機会があると、
彼らは白人のことを割と悪しざまに罵ります。
それは、白人がハワイアンを騙して、
恐ろしく安い金額で、彼らが愛する土地を奪ったことに起因しているのでしょう。
また「フナの教え」や、ハワイの伝統の夢占いといったハワイ文化を
白人が学び、それでビジネスをすることも気に入らない人も多いようです。
日本人の中には、彼らと一緒になって、
白人の悪口を言う人たちもいます。

ですが、ここで、いつもハタと思うのは、
私は日本人で、つまり私もハワイアンにとっては外人だということ。
どれほどハワイを愛し、ハワイの文化を学ぼうとも、
私はハワイアンにはなれません。
単に「引っ越し」とか、「グリーンカード」だけの問題ではなく、
私には「ハワイアンの血」は一滴も流れていないのです。

そして、日本人が投資し、経営している施設や物件もハワイには多数あります。
では、白人と日本人は何が違うのか?
ハワイアンではない私のハワイへの愛情や、情熱は、いったいどこに持っていけばいいのか?

マスターコース前のハワイ旅行中も、
このジレンマに関して改めて考えさせられる出来事が多々あり、
このジレンマを抱えて、マスターコース前日は暮れて行きました。
<続く>

c0164188_2262094.jpg
ハワイ島でよく見かけるカラフルなゲッコーさんです。
あまりの派手さに思わずゴム人形かと思うほど!
[PR]
by hosui_hime | 2008-08-17 22:08 | アロハ・ブログ♪